乳がんの検診と治療および予防

乳がんになったら、乳房を切り落とさなければいけないと思っている人もいらっしゃるでしょうね。そんなことはありません。なによりも早期発見、早期治療が重要です。



サイトトップ > 乳がん検診の重要性

スポンサードリンク

乳がんの検診と治療および予防

乳がん検診の重要性


乳がん、子宮がんの検診を受けることを推奨するキャンペーンなどが日本各地で開催されることがあります。そして、それらに関連してチャリティー活動もさかんに行われているようです。ですが、これらのがんに対して本当に検診はそれほどの重要性があるのでしょうか?


日本だけではなく、現在は世界中でがん検診の大切さが提唱され、その有効性も証明されています。検診を受けずにいて、がんが進んでしまえば、そのうちに自覚症状が出てきます。そして、痛みや苦しみなどの自覚症状が出てきたときは、かなりがんが進んでいると思われます。同時に治る確率も低くなってしまうのです。


乳がんに関して言えば、1つのがん細胞があるとして、それが1センチに成長するまでに15年以上も歳月が必要だそうです。その後、1センチのがんが2センチになるまで2年かかるそうです。1センチ以下のがんを発見することは非常に難しいことです。それに、乳がんの早期と言うと、2センチ以下のがん細胞のことを言います。ですから、2年に1度の乳がん検診がどれほど理にかなっているかわかりますよね。2年に1度の検診で自分の命が守れるということになります。


家族の立場になってみれば、わかりますよね。大切な人には「検診を受けて欲しい」と思うでしょう。あなた1人の体ではありません。切な人を悲しませないためにも、きちんとがん検診を受けてください。


地方自治体で無料検診を実施しているところも多いでしょう。検診は早期発見のためにかなり重要な手段ですから、是非活用して下さい。


乳がんの検診と治療および予防

MENU



スポンサードリンク